2014年04月26日

私の所感:ご意見募集=支援者名簿について

■4月22日 13:01

さて、先の記事で皆さんはどう思われるか問いかけました。

私自身は、それって選挙運動だろうと感じたクチです。そう感じた以上自分でやる選挙運動にこの名簿集めは入れておりません。何人もの友人・知人に名簿集めやらないの?と聞かれ、協力するよと言われました。

でも自分で??と思った事である以上、やれません。やりたくありません。ただ、自縄自縛とはこのことで、自分でも大馬鹿だと思います。勝利のための有力なツールを放棄したにも等しいです。


その代わり、今回はネットというツールが手に入りました。今回はこれを最大限に利用するつもりで工夫を重ねています。皆さんも是非ご支援をいただけますと幸いです。

また、私個人への支持はともかくとしても、イイ・モア総合研究所のFBページで展開している、選挙・政治に関するものの見方については是非御覧頂ご意見をお寄せ頂けますと幸いです。
posted by ee-kadota at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

インターネット選挙解禁とは

■4月22日 11:51

そのネット選挙ですが、ホームページ、フェイスブック、Line、mixi、ツイッターなどを使った選挙運動は、選挙期間中であればほとんど何の制限もありません。候補者、候補者陣営でなくても、だれでもできますし、ネット解禁にあたり、「落選運動」(特定の候補を、あるいは候補グループを、当選させないように活動すること)も解禁されました。

ただ、電子メール(携帯のメール、ショートメールも含む)の利用は厳しく制限されています。個人的にはその制限にどれだけの効果や根拠があるのか疑問には思います(事によっちゃ、わざと作った落とし穴じゃないかと思う位です)が、電子メールは実質使えないという規制がある事には留意が必要です(候補者個人による利用は思い制限付きながら許可されています)。
posted by ee-kadota at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ご意見募集 選挙違反?

■4月22日 11:39

皆さんのご意見をお聞かせください。

選挙勝利の3大要素に、ジバン、カンバン、カバンがあると言われています。そのジバン作りに欠かせないのが「支援者名簿」です。皆さんも知り合いにたのまれ住所、名前、電話などを書いた事があるのではないでしょうか。私個人も、過去におつきあいとして記入した事があります。

その際 ?? がつきまとったのは、これって選挙活動じゃないのという事。皆さんはどう感じますか?


公職選挙法では、@特定の選挙で、A特定の候補に、B投票を依頼するの@+A+Bがそろったら選挙運動であり、選挙運動を選挙期間中(公示日〜投票日前日)以外でやると選挙違反である。また、これらの行為そのものでなくても実質そうであると見なせる行為も選挙違反にあたる可能性がある。と書いてあります(意訳ですが)。

たしかに、@は明言はしない。Aは「候補」とは限らない、Bは投票以来ではない、という事ではありますが、特定の選挙が近くなった時にしかやらないのですから、実質@+A+Bであるとも言えます。

支援者集めで選挙違反になったという報道は記憶にありませんから、慣例として許されている範囲かもしれません。また、公職選挙法も「可能性」というような見解ですから、「あまりこれらの行為が横行して市民が迷惑をこうむる事は無いように…」と予防線を張っている程度なのかもしれません。

なかなかわかりにくいのですが、選挙運動以外に、政治活動という定義があって、選挙をにらんだ政治活動ってのも当然出てくるわけです。当選しないと政治活動ってのはやっぱりあまり効力をもちませんから、政治活動に選挙はかかせません。

論理的な議論はいろいろあるでしょうし、大議論になっても不思議はありませんが、「どう感じるか」というのは即時回答できるのではないでしょうか?

あくまで、感覚的なもので考えてみてください。(^^)
posted by ee-kadota at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

選挙を盛り上げるには

■4月21日 14:02

私は、「民主主義」とは地方議会議員選挙がいい意味で盛り上がる事ではないかと思います。インターネットで政見が飛び交えばすばらしい。

前回の投票率50%なんてのは寂しすぎると思います。

まぁ、沢山の人が立候補して、選択の参照になる情報と言えばポスターと選挙公報、候補者から送られてくるハガキ(送られてくればの話ですが)くらいしかないし、市議会議員が普段何しているかほとんどわからないし、そもそも市政が自分の生活に関わっている範囲がよく実感できないので、やむを得ないと言えばやむをえない。


私はそこいらへんを本当はごそっと変更したい。

たとえば、市議会議員の公務室が市役所にあるようなのですが(たしか市役所の別館に名札があったのでそう想像)、半年に一度くらいは見学会を開くとか(大学なんかではオープンキャンパスという仕組みがあったりします)、市役所だって、やはり半年に一度くらい見学会があってもいいのではないでしょうか。

実行するのはかなり難しいだろうとは思いますが (^^;;

私が議員になったら、少なくとも提案はしてみたい。
そこで市や市議会議員が示す反応がまず見物だと思います。(^^)
posted by ee-kadota at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月21日

市会議員になろうと言う人に増えて欲しい

私の過去2回を含め、今回の選挙も、低予算選挙ですすめています。なぜかというに、政治にはフレッシュな市民の目線が反映されるべきであり、職業政治家(まぁ、こういう人たちも必要ではあると思いますが)だけに政治運営をまかせるより、有能・有意の市民が多く政治家になるべきだと考えるからです(後述しますが、還暦世代に特に検討していただきたい)。

ただ、選挙には当落がつきものですから、あまり大きな資金リスクがあるようだと普通の人には手が出しにくい。

私は選挙事務所を設けずに、ポスターの作成、選挙公報、公選ハガキの印刷などほぼ一人でやってきました。公選ハガキについては友人の助けや、推薦のコメントあるいは送付先の推薦をいただきましたし、ポスターの貼り付けに関しては友人の助けなしでは成り立ちませんでしたが、それ以外は一人での作業です。選挙での電話がけなどもやりません。(あまり効果があるように思えないのも理由の一つ)

どうしても必要な選挙資金は、市議会議員選挙の場合30万円の供託金ですが、これは一定以上の得票がないと没収されます。松山市の場合おおむね500票程度がそのラインで、ほとんど没収される人はでないというベースだと思います。ちなみに私の場合も過去2回とも返ってきました。

それ以外は、ポスターの制作です。これも写真やらデザインやらを専門家にたのむと結構な金額になるのですが、実はポスターは公金で補助されますので、ほとんどお金はいりません。今回は579カ所のポスター掲示場所があるのですがその枚数分、単価966円(これは毎回少しかわります)までのポスター制作費は出して頂けます。ただ、これも、上記の供託金没収ラインと連動していて、あとでお金が返ってくるかどうかが決まります。当面の費用は自分もちです。また、余分に印刷した部分は自腹です。私の場合、裏面が全面糊つきで、315円でした(消費税8%込み)。

これらの事をあわせ、初回の費用が20万円台、前回が14万程度だったと記憶しています。公費負担となった部分は除いています。供託金ももちろん除外しての話です。これはあとで詳細を報告しますが、まぁ、こんなもので済みます。

しかし、いかに安くあがると言っても、それで通らなければ意味が無いわけで(選挙期間中の政見表明だけでも意味は十分あると私は思いますが)、それもあって皆さんのご支援で是非当選したいものだと思います。

できれば、還暦を迎え、会社生活をおえて時間ができ、社会経験を十分につんでバランス感覚もマネジメント能力もあるという人に多くチャレンジしてもらいたいと思うのです。

選挙には当落がつきものです。再選をねらわねばならない(職業政治家になるとこうなります)という事になると本来あるべき政治活動に別の色がまじってくると思います。

60になってもまだまだ元気です。私自身60ですが、まわりをみても元気な人は本当に元気。一方年金もボチボチもらっている人もいるし、議員活動も1期だけに全力投球できるのではないでしょうか。私も当選しても1期だけのつもりでおります。あまり長く政治家でいるとどうしても感覚が変化してくると思うのです。

個人的には、年金という公金をいただくことになれば議員としての活動はボランティアでもいいと思う位です。

若くて当選すると、その後の身の振り方はなかなか大変だろうとおもいます。ずっと当選し続ければ別ですが、政治は特殊な世界ですし(本来は政治も「マネジメント」という事ですからその経験は組織でもいかせるはずなのですが)ツブシが効かないということになると、落選したら…。政治家は落選しても政治家、なんて言葉も目にした記憶がありますが、これはほかに選択肢がないという意味合いもあるのではないかと思ったりする次第です。

今後、多くの市議会議員志望の還暦世代がでてきて欲しいものです。ほかの箇所でも述べていますが、政治参加は権利であると同時に、還暦世代にもなると、次世代にたいする責任でもあると思うからです。
posted by ee-kadota at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

選挙ポスター

市会議員選挙のポスター一覧。ほとんどの候補が写真と名前だけ。何も訴えたいことはないのだろうか。それともそんなものは必要ないのだろうか。これでどうやって選べというのだろう。

選挙は、だれを選ぶかという事だけど、立候補者の側は選ばれるかどうかという勝負だけの事になっていると思う。選挙戦という意識なんだろう。出陣式もあったりして、まさに戦。でも、有権者の事を考えているようには思えないなぁ。

私の掲示場所は1番。1番ってのはまぁわかりやすくていいとは思います。ポスター貼りを手伝ってくれた人たちは一様に、おぉって感じでした。まぁ、確かにゲンがいいし、得票の伸びにつながってくれるとありがたいです。

ポスター貼りをしてくれた人たちには本当に感謝です。ありがとうございました。

postr_FB-10257768_634284879990794_9035390719787906328_n.jpg
posted by ee-kadota at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

松山市議会議員選挙に立候補しました。

松山市議会議員選挙へ立候補しました。

立候補趣旨ですが、経営コンサルタントとして、市政の改善・改革に少しでも貢献したいものだと考えております。

昨年、ガンの手術をし、経営コンサルとしてのミッション「よりよい未来づくり」のために政治(市民生活との最前線)を活かしたいとの思いを一層つよくしました。

実は今回3回目のチャレンジです。過去2回は選挙の制約(情報発信手段がきわめて限られており、「選出」の目的からすると本末転倒状態でした)から敗退、今回はインターネットを利用していろいろ問題提起をしていきたいと思います。

まず当選ありきの活動でなく、問題提起優先のつもりです。

どうかよろしくお願い致します。
posted by ee-kadota at 13:01| Comment(0) | 日記